カカオトークは出会い用にしよう

カカオトーク

出会い系はメッセージをやり取りして連絡先を交換します。

1通目から複数の相手にカカオのIDを送って相手に通報されると業者と判断されてアカウントが停止します。

大手は運営がしっかりと監視してますので安心です。

交換する連絡先は、電話番号、メールアドレス、LINE、ツイッター、Facebookがありますが、個人情報保護の観点でカカオトークをお勧めします。

大手の人気の出会い系は気軽にIDの交換ができます。

女性におすすめの出会い系

ただし、悪徳な業者にカカオのIDやQRコードを晒してしまうとメッセージが来てしまいますので注意しましょう。

出会い系でカカオの交換をした結果

通報しておけばアカウントが凍結しますので悪徳業者も減りましたけどね。

出会い系はカカオが最適

出会い系の電話番号の交換拒否

出会い系で見ず知らずの人と電話番号の交換は絶対にしてはいけません。

電話帳に追加されたら、LINE・カカオ・Facebook・ツイッター・インスタ・怪しい出会い系に、「利用しているユーザー」で表示されてしまいます。

LINEやFacebookなど会員を利用者を増やしたいがために、初期設定で電話帳の吸い上げが有効になっています。

メール

メールアドレスの交換は迷惑メールがきます。

メッセージアプリのカカオはブロックもできて便利なので推奨はしません。

カカオ以外の交換がダメな理由

line

メッセージはLINEをメインで使っている人がほとんどですが、アカウントは、本名、タイムライン、プロフィールの画像だったり、個人情報が大量です。

今は書いてなくても、いずれ書きたくなるかもしれないし、タイムラインにイイネされたら友人のプロフィールも見られてしまいます。

疎遠になったらブロックしますが、いろいろ知られてしまうのは気持ち悪いですよね?

したがって、出会い系はカカオをサブ的な位置づけにして交換をオススメします。

ヤリモクの出会い系は男女ともにカカオの交換が主流です。

出会い系を始めて男性とメッセージをしたら「LINEかインスタを交換したい」と言われてインスタを交換しました。 ただSNSはストーリー投稿で行動範囲やフォロワーから自分の身元がバレますよね。まだ会ってもないし電話もしていない相手にインスタは距離が近いのでブロックしたくて、でも相手に申し訳ない気持ちがあります。

まだ個人情報を伝えたくない旨を正直に伝えて、カカオを交換をしてインスタはブロックをしたらどうでしょうか。

カカオトークの使い方

カカオトークの使い方

カカオトークはLINEと同じで友達の追加方法も同じでQRコードやID、電話帳から追加します。

インストールしていない人は、ニックネームもタイムラインもプロフィールも真っ新なアカウントを使えるわけですから出会いに特化できます。

出会い系でIDの交換に応じない男性は無視します。

18歳以上の確認をしないとIDの検索ができないので注意してください。

彼氏のスマホにカカオトークがインストールされていました。浮気か出会い系をやってるしかないですよね?

カカオは遊び用のアカウントで使うのが主流ですから可能性はあります。

カカオのIDを交換する出会い系

ID交換アプリ

QRコードでLINEとカカオのIDを張り付けて交換する出会い系は登録も不要で簡単に拡散できるため業者の巣窟になっています。

掲示板にIDを掲載してしまうと、迷惑メールの「友達かも?」に見知らぬアカウントが表示されます。

メッセージも頻繁にくるため、使いにくいです。

ツイッターなどで掲載されているIDも言葉巧みに誘導してきますが業者ですので注意しましょう。

ツイッターのカカオID

ツイッターの誘導にもリツイートやコメントがされていて騙されている人がたくさんいます。

イイネの何倍もDMが送られていると想像できます。

カカオの業者

業者とやり取りをするとサクラの出会い系を紹介してきます。

仲良くなったら電話番号の交換を忘れずに

電話

出会い系で会って信頼できる関係になったらカカオだけでなく電話番号の交換は必ずしてください。

スマホの故障や機種変更のちょっとした手違いでアカウントを簡単に失ってしまいます。

LINEの一言にも「新しいアカウントはコチラです」と書いている友達も多いです。

中国人のLINEの乗っ取りも続いていて友達に迷惑をかけるだけなくアカウントが最終的に消されます。

仲良くなっても出会い系のみの連絡先だと失いやすいのです。

相手が見つかると出会い系を辞めてしまう人も多いですからね。

相性が悪かったらブロック削除をしましょう。

© 2022 女性のための出会いアプリ