出会い系でパパ活はどこまで許すのか。食事まで?セックスまで?

更新日:

被害に遭う女性

出会い系アプリはお小遣い欲しいさや生活費のためにパパ活をしている女性が多いです。

私も初めて出会い系を始めたとき、援助交際をする人数の多さに愕然としました。

近所で売春が繰り広げられているなんて想像できませんでした。

パパ活とは

パパ活というワードはテレビドラマで放送されて一気に広がりました。

実際の父親ではなく金だけをくれる男性(パパ)とデートやセックスをしてお金を貰う行為です。

パパ活は女性がどこまで許すかを決めます。

食事だけ、性的なマッサージまで、セックスまで許すのかを明記します。

基本的に何も書かない場合はセックスまでを示すことになります。(そう受け取る男性が多い)

ちなみに肉体関係になっているパパをラブパパと言います。

個人売春は隠語を使う

個人売春に罰則はありませんが公の場所で売春を募集すると逮捕されます。

街中で客引きをする立ちんぼが逮捕されるのをニュースでやってますね。

出会いアプリでは掲示板やプロフィールに売春をすると明記するとアウトです。

売春とは、セックス(いわゆる挿入)のことで、それさえなければ違法ではありません。

性的マッサージ店が違法でないのと同じです。

出会い系アプリでのパパ活は、運営者が24時間監視をして違法な書き込みはアカウントが凍結してきます。

それ以外の隠語として、p活、条件あり、助けて、サポートして、金欠です、と対価をにおわせて募集し、あとは個人のメールで金額を決めるのです。

プロフィールの目的に大人の交際や割り切りといった選択肢がありますので、それにチェックをしておけば、男性が勝手に連絡をしてきます。

18歳未満

18歳未満の場合は、売春防止法とは別の法律になり、児童ポルノ禁止法になります。
これはセックス関係なく、金銭のやり取りが発生した時点でアウトになります。

少女が要求したとしても男性が加害者となり逮捕されます。

しかし、18歳未満と知らなかった場合はセーフになるケースもあります。
芸能人では狩〇が17歳とは知らなかかったと逮捕を免れています。

相手もアイドルだから年齢を知らないとは思えないんですけどね。
この辺は運しだいのようです。

パパ活専用のアプリ

パパ活専用を堂々と掲げたペイターズというアプリがあります。

パパ活は体の関係を含むことがほとんどでありながら援助交際とは明言されていないためグレーゾーンのワードです。
アップルから削除されるのも時間の問題でしょう。

シュガーダディというデート援のサイトもあります。
シュガーダディは成功者である紳士的な男性を表していますが、魅力的な人がサイトに頼ることはありません。

またギャラ飲みと称したコンパニオン派遣アプリのpatoもあります。

いずれも批評が多く定着するのは時間がかかるでしょう。

危険

女性がパパ活をするにはリスクが多すぎます。

体力的に劣る女性が見知らぬ男性と二人きりになりますし、不特定多数との性行為は病気や妊娠もありえます。

また、顔を出して募集をしたり、連絡先の交換で身元がバレてしまいストーカーの恐れもあります。
体を売る女性は男性にとって商品のように扱われ注目を集めてしまうのです。

ワクワクメールはワクワクDBという裏のデータベースサイトがありますし、ツイッターにはツイ援dbという援助交際アカウントの情報を書き込んだサイトがあります。

各出会いアプリでも2ちゃんねる、爆サイといった掲示板に醸されてしまう可能性もあるのです。

皆がやっているから、といって大事になっては遅いです。
手軽にお金を稼ぐことは、それなりにリスクがあるということを理解する必要があります。

ちなみにパパ活をやりやすい出会い系はアダルト掲示板が設置されています。

おすすめの出会いアプリ

PCMAX(R18) は会員数が1000万人を突破し運営が15年続いている人気の出会い系です。

続いてのオススメはハッピーメール(R18) です。

女性は無料で男性はメール1通50円(1000円分のお試しあり)と価格も良心的◎

出会い系に慣れてれていない方はピーシーマックスがオススメの理由をご確認ください。

-使い方
-

Copyright© 女性のための出会いアプリ , 2018 All Rights Reserved.